HOME  >  内藤銀器お役立ち情報  >  扇に関する豆知識
内藤銀器お役立ち情報

扇に関する豆知識2020年07月22日

純金扇

扇についてご紹介します。扇といえば普段ウチワのように扇ぐ、
扇子を想像すると思いますが、縁起物としての扇子をご紹介します。

扇は末広ともいい、古くから縁起の良い品物として床飾りなどに
されてきました。金や銀細工で製作された扇は海外向けの
記念品としても人気があります。

銀製扇の扇面は一つ一つ職人の手によって折られ、
要で止められた中骨は一本一本ハンダ付けされています。
伝統技法を用い、精巧に作られた扇は東京銀器の
代表格とも言えるでしょう。

扇子の起源は平安時代初期と言われており、もともと中国で
使われていた翳(さしば)が団扇と呼ばれるようになり、中国から
日本に伝わりました。日本では筆記用具として利用されていた
木簡の片端を紐で閉じて持ち歩いたものを檜扇とし、
扇子の始まりと言われています。

その用途は扇ぐ為のものではなく、位の高い人が自分自身の
面長な顔を隠すためのアクセサリーとして使われていたのが
始まりだそうです。他にも和歌を書いて贈ったり、
戦国時代には武将が指揮をする際に軍扇として使われていました。
ちなみに将棋の棋士の方が持つようになった由来は武将が進軍の際に
指揮する時に持っていた軍配の名残と言われています。

檜扇は木でできており儀礼用で、それをもとに生まれた扇ぐ用途の
紙でできた扇子を蝙蝠扇と呼ぶそうです。こうもりと書いて
「かわほり」と読みます。
檜扇を冬扇、蝙蝠扇を夏扇と呼ぶこともあるそうです。

ところで、
狂言・歌舞伎・日本舞踊等で使われているものを舞扇といいます。
落語等で使われているものは高座扇といいます。
日本の檜扇が鎌倉時代に中国へ輸出され、中国で作られるよう
になり室町時代には唐扇として逆輸入されるようになりました。
中国で作られるようになってからヨーロッパにも伝わり
洋扇として貴族女性に使われるようになったようです。
レースやシルクや孔雀の羽を使った扇子はヨーロッパで
作られました。

日本京都発祥の京扇子は歴史的にも古く国内でも最も多く
流通しています。華やかな絵柄が特徴で、持ち手の扇骨の骨数が
多く扇面の折り幅が狭いです。

京扇子は分業制で作られています。
なんと87の工程に分けられていると言われています。
江戸扇子と異なり工程ごとに専門の職人さんがいます。

江戸扇子は江戸時代に庶民に普及したものです。
はじめは武士社会の中で発展、茶室で刀の代わりに敵意がないことを
表していたそうです。その後町人にも扇子が普及し、
見えないところに細工を施したりしたもので京扇子に比べると
シンプルなのが特徴で江戸扇子は扇骨の数が14〜15本と少なく、
折り幅が広いです。
江戸扇子の製作は絵付けや扇骨作りを除き
全て1人の職人が作っているのが特徴です。

ちなみにバブル時代1990年代にディスコで流行した羽根扇子、
いわゆるジュリ扇は中国のもので、日本の扇子ではありません。
正式名称はジュリアナ扇子です。

京扇子を「雅」、
江戸扇子は「粋」としたら
ジュリ扇は「煌」?
といったところでしょうか?

末広がりなだけに話が色々な広がってしまいました(汗)

参考にさせて頂いたサイト
こちらのサイト
こちらのサイト

内藤銀器お役立ち情報一覧

 

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP