HOME  >  人間国宝 奥山峰石
人間国宝 奥山峰石

人間国宝 奥山峰石

人間国宝 奥山峰石こちらでは鍛金家にして人間国宝(重要無形文化財保持者)である奥山峰石氏の作品、略歴をご紹介します。芸術品ともいえる奥山氏の作品を、ぜひご覧ください。

略歴

昭和12年 山形県新庄市に生まれる
昭和27年 笠原宗峰氏に鍛金弟子入り
昭和52年 田中光輝氏に鍛金師事
昭和57年 日本伝統工芸武蔵野展奨励賞受賞
昭和59年 日本工芸会正会員認定
伝統工芸日本金工展
文化庁長官賞受賞  他二回
平成元年 日本伝統工芸展
高松宮記念賞受賞
平成2年 伝統工芸新作展鑑審査委員
山形県新庄市にて個展
平成6年 日本橋三越にて個展
伝統工芸新作展三越賞受賞
伝統工芸日本金工展鑑審査委員
平成7年 重要無形文化財保持者認定
日本伝統工芸展鑑査委員
東京都北区名誉区民選定
新庄市主催にて個展
北区名誉区民記念個展
平成9年 紫綬褒章受賞
平成10年 歌会始招待
日本橋三越にて個展
酒田市美術館にて北区、酒田市主催の作品展
平成11年 山形県新庄市名誉市民選定
新庄市主催作品展
平成12年 山形県立文翔館にて、やまがた人間国宝三人の会作品展
北区飛鳥山博物館にて北区教育委員会主催作品展
日本伝統工芸展鑑審査委員
平成13年 ユネスコ国際ワークショップにて作品展示、講演
日本伝統工芸石川支部展審査委員
北区東十条区民センター壁画制作
平成15年 日本橋三越にて金属工芸五十周年記念展
国民文化祭新庄市主催にて作品展
奥山峰石と北区工芸作家の会創設
平成16年 伝統産業協会において、人間国宝展開催を提言協力
平成17年 日本橋三越にて小品個展
平成19年 旭日小綬章受章
平成21年 群馬県甘楽町五十周年記念奥山峰石金工展
平成22年 伝承者養成研修会 平成21年度・22年度
平成23年 北区、山形県、酒田市、新庄市にて金属工芸六十周年記念展
打込象嵌技法DVD自主製作

作品寄贈
   高円宮家、文化庁、近代美術館工芸館、伊勢神宮、薬師寺、
   山形県、北区、新庄市、酒田市、他55点
平成25年 切嵌象嵌技法DVD自主製作
平成26年 新庄市市政六十五周年記念作品展
平成27年 新庄市立萩野学園校章製作
新庄市へ岡本太郎氏デザインのトロフィー(奥山峰石作)寄贈
平成28年 奥山峰石と北区工芸作家展  十五回記念展
平成29年 大谷美術館(旧古賀庭園内 洋館)にて奥山峰石傘寿記念展
平成30年 都民栄誉賞受賞
現在 重要無形文化財保持者
日本工芸会参与
東京都北区名誉区民
山形県新庄市名誉市民
PAGE TOP

奥山峰石先生と内藤銀器製作所の関わりについて

弊社は現在株式会社ですが、以前は有限会社でした。奥山先生とは有限会社になるよりも
さらに前、現社長がまだおむつをしていた頃出会いました。前社長とその弟(以下専務)の
兄弟2人で立ち上げて、職人としてようやく軌道に乗りはじめ、そこに中学校卒の住み込みの
哲ちゃんが加わり、3人で主に御店からの定番品の工賃仕事を請け負っていた頃、
奥山先生も東京に出て来られ11年、笠原銀器さんから独立して間もなく、
仕事を探しておられたとき、絞り屋さんの紹介で弊社まで来られたそうです。

そのときのことを先生は
『絞り・挽物まで出来ていた銀製カップのパーツ6本分を預かり、1週間くらいで納品したら、
翌日朝9時頃、のちの専務さんがうちまでいらして、最初は何かクレームかな?と思ったけど、
「仕事が丁寧できれいだと兄貴(社長)が喜んでいる、今後内藤銀器は自社ブランドを
製作したいので、弊社と専属契約をお願いしたい」
と専務さんに言われたこと、今でも覚えているほど、嬉しかったな』
と懐かしそうに話をしていただきます。

時代はボーリングブームを経てゴルフブームがあり、銀カップが今では信じられないほど需要
があり、その黄金期を支えていただきました。

ところがオイルショックで景気に陰りが差し、追い打ちをかけるように貴金属の高騰、
1g40円台で推移していた銀が360円まで跳ね上がり、落ち着くのに4~5年掛かりました。
銀カップの需要も、今よりははるかに製作してはいたものの、
全盛期に比べ3分の1程に減りました。

先生は弊社とお取引が始まって十数年経った頃、銀器組合の展覧会に酒器セットを
出品されたそうです。その際に、先生は
「その時審査員だった田中光輝先生から声を掛けて頂き、鍛金技術を習うため
毎週土曜日の午後から夕方まで通い詰めたよ」
と当時を振り返り、夜遅くまで仕事をしていたので休んだ記憶がないとおっしゃっておりました。

そうして展覧会へ5年目の出品でようやく入選されたそうです。
その頃は弊社の仕事と展覧会用の作品製作を両立されておりましたが、ある時退路を断ち、
お弟子さんに今までの弊社の仕事をすべて預け、
作家活動を主軸として今日までご活躍されておられます。
そのお弟子さんですが、後に弊社に入社され、最終的には工場長となり
後進の指導までしていただきました。現社長においては仕事の取り組み方、考え方、
作り方など影響を受け、功労者の一人として今でも感謝しております。

その後しばらく経ちましたが、昨今のインバウンド需要の高まりとともに純銀製湯沸の
製作依頼が入りました。ただ、今まで手掛けてきた製品とはあまりにも畑違いだったため、
先生に相談し色々ご指導いただき、製作を手掛け始めました。

そんなある日、奥山先生から
「私のところにも湯沸の製作依頼が入ったのだけど、手が空かないので、
私が監修するから内藤さんで製作してみない?」
と声を掛けていただき、技術向上の意味も兼ねて是非やらせてくださいとお願いし
手掛け始めました。奥山先生は基本に忠実で、
使い易さに至るまで大変厳しくご指導いただき、ようやく完成まで至りました。

先生は常々、
「先代の社長さんや専務さんに返しきれないほどお世話になったので、
何か私でお役にたてることがあったら相談してよ」
とおっしゃってくださり、ゴルフに誘っていただいたり、
お酒の席を設けていただいたりと気にかけていただいております。

また弊社の社員が一人と、いくらか首をつっこみかけているもう一人、計二人、
週末先生宅にお伺いし、ご指導いただいております。(※現在はコロナウィルス感染拡大
防止のため自粛中)

このように、奥山先生と弊社のご縁は今も続いており、奥山先生の歴史を語る上でも、
弊社の歴史を語る上でも、このご縁ははずすことのできない絆のようなものと
なっております。

人間国宝奥山峰石・制作作品

奥山峰石作・ワイングラス「カトレア」

お問い合わせ 奥山峰石作・ワイングラス「カトレア」

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作・ワイングラス『カトレア』です。
『バラ』とペアになっております。

お見積り
奥山峰石作・ワイングラス「バラ」

お問い合わせ 奥山峰石作・ワイングラス「バラ」

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作・ワイングラス『バラ』です。
『カトレア』とペアになっております。

お見積り
奥山峰石作・タンブラー「桜」

お問い合わせ 奥山峰石作・タンブラー「桜」

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作・タンブラー『桜』
『紅白梅』とペアになっております。

お見積り
奥山峰石作・タンブラー「紅白梅」

お問い合わせ 奥山峰石作・タンブラー「紅白梅」

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作・タンブラー『紅白梅』
『桜』とペアになっております。

お見積り
奥山峰石作・ぐい呑み桜・口広

お問い合わせ 奥山峰石作・ぐい呑み桜・口広

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作、ぐい呑み『桜』です。

お見積り
奥山峰石作・ぐい呑み紅白梅・台付

お問い合わせ 奥山峰石作・ぐい呑み紅白梅・台付

サイズ

径59mm×高さ55mm 付目約80g

価格

お問い合わせください

コメント

このぐい呑みで、お友達とお酒を楽しんでください。

お見積り
奥山峰石作・純銀製植木鉢1対

お問い合わせ 奥山峰石作・純銀製植木鉢1対

サイズ

金色:

 直径120mm×高さ70mm

 付目約273g

銀色:

 直径120mm×高さ70mm

 付目約277g

価格

お問い合わせください

コメント

銀で植木鉢を製作したらどうなるか?
実際に製作し植えて半年試した結果、
特に問題は見付かりませんでした。
そこで、本格的に奥山先生にお願いし、
波(なみ)紋の鉢を製作していただきました。
現存するものはこの一つしかございません。
また、今後製作の予定もございません。

お見積り
奥山峰石作・ループタイ「古代文」

お問い合わせ 奥山峰石作・ループタイ「古代文」

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作・ループタイ『古代文』

お見積り
奥山峰石作・切込象嵌カフス・タイピン

お問い合わせ 奥山峰石作・切込象嵌カフス・タイピン

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

奥山先生作のカフスをタイピンです。
切込象嵌という技法を用いております。

お見積り
PAGE TOP

人間国宝奥山峰石監修作品

弊社は元来、カップ・賞杯がメインでしたが、ある時、茶器の製作依頼が入り、
分野が異なるので困り、思い切って重要無形文化財保持者・奥山峰石先生に
製作するうえで注意することなど訊ねてみました。
その際、重さ・バランス・形状・使いやすさまで全般に事細かに教えていただきました。
そこには妥協という言葉は通用せず、パーツごとに見ていただき修正、これを数回繰り返し、
先生に満足していただいて初めて『監修』の刻印を打っていただいた作品です。
先生個人にも湯沸の製作依頼が入るそうですが、作品製作に追われ、
とても対応できないから、御社の品を監修するから作ってみたらとお話を頂戴し、現在に至っております。

奥山峰石先生監修 純銀製 湯沸(ゴザ目)

お問い合わせ 奥山峰石先生監修 純銀製 湯沸(ゴザ目)

サイズ

4寸:120Φ×170mm/付目約500g

5寸:150Φ×200mm/付目約850g

価格

4寸:¥835,000(税抜)

5寸:¥1,150,000(税抜)

コメント

弊社から奥山先生に湯沸の
製作をお願いしましたところ、
「作品製作等に追われ難しいと思う
ので、今後私の作品が欲しいと
おっしゃる方には御社の品を
監修するから製作してみたら」
と勧められ、
このゴザ目が完成しました。

お見積り

奥山峰石先生監修 純銀製 湯沸(波紋) 4寸

お問い合わせ 奥山峰石先生監修 純銀製 湯沸(波紋) 4寸

サイズ

120Φ×170mm

付目約 480g

価格

¥900,000(税抜き)

コメント

こちらの波紋はお客様のリクエストがきっかけで製作した湯沸です。
その為、先生の作品の現物を見せて頂いたり、図録を参考にして完成に至りました。

お見積り

奥山峰石先生監修 純銀製 湯沸(立筋) 5寸

お問い合わせ 奥山峰石先生監修 純銀製 湯沸(立筋) 5寸

サイズ

Φ150×215mm

付目約 770g

価格

¥1,200,000(税抜)

コメント

立筋はフタも胴も筋を途中で止める。
その方が大変だけど上品に仕上がる、
またツマミもミリ単位で形状や筋の入れ方までご指導いただき、
ようやく完成までたどり着いた作品です。

お見積り

PAGE TOP

制作風景

奥山先生の作品製作風景は、こちらのページよりご覧になれます。

奥山先生の制作風景

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP