HOME  >  人間国宝 奥山峰石
人間国宝 奥山峰石

人間国宝 奥山峰石

人間国宝 奥山峰石こちらでは鍛金家にして人間国宝(重要無形文化財保持者)である奥山峰石氏の作品、略歴をご紹介します。芸術品ともいえる奥山氏の作品を、ぜひご覧ください。

略歴

昭和12年 山形県新庄市に生まれる
昭和27年 笠原宗峰氏に鍛金弟子入り
昭和52年 田中光輝氏に鍛金師事
昭和57年 日本伝統工芸武蔵野展奨励賞受賞
昭和59年 日本工芸会正会員認定
伝統工芸日本金工展
文化庁長官賞受賞  他二回
平成元年 日本伝統工芸展
高松宮記念賞受賞
平成2年 伝統工芸新作展鑑審査委員
山形県新庄市にて個展
平成6年 日本橋三越にて個展
伝統工芸新作展三越賞受賞
伝統工芸日本金工展鑑審査委員
平成7年 重要無形文化財保持者認定
日本伝統工芸展鑑査委員
東京都北区名誉区民選定
新庄市主催にて個展
北区名誉区民記念個展
平成9年 紫綬褒章受賞
平成10年 歌会始招待
日本橋三越にて個展
酒田市美術館にて北区、酒田市主催の作品展
平成11年 山形県新庄市名誉市民選定
新庄市主催作品展
平成12年 山形県立文翔館にて、やまがた人間国宝三人の会作品集
北区飛鳥山博物館にて北区教育委員会主催作品展
平成13年 ユネスコ国際ワークショップにて作品展示、講演
日本伝統工芸石川支部鑑審査委員
北区東十条区民センター壁画制作
平成15年 日本橋三越にて五十周年記念展
国民文化祭新庄市主催にて作品展
奥山峰石と北区工芸作家の会創設
平成16年 伝統産業協会において、人間国宝展開催を提言協力
平成17年 日本橋三越にて小品個展
平成19年 旭日小綬章受章
平成29年 奥山峰石傘寿記念展開催
平成30年 都民栄誉賞受賞
現在 重要無形文化財保持者
日本工芸会参与
東京都北区名誉区民
山形県新庄市名誉市民
PAGE TOP

人間国宝奥山峰石・制作作品

奥山峰石作・純銀製植木鉢1対

お問い合せ 奥山峰石作・純銀製植木鉢1対

サイズ

金色:

 直径120mm×高さ70mm

 付目約273g

銀色:

 直径120mm×高さ70mm

 付目約277g

価格

お問い合わせください

コメント

銀で植木鉢を製作したらどうなるか?

実際に製作し植えて半年試した結果、

特に問題は見付かりませんでした。

そこで、本格的に奥山先生にお願いし、

波(なみ)紋の鉢を製作していただきました。

現存するものはこの一つしかございません。

また、今後製作の予定もございません。

奥山峰石作・ワイングラス 2個組

お問い合せ 奥山峰石作・ワイングラス 2個組

サイズ

径55mm×高さ105mm

価格

お問い合わせください

コメント

鎚目という鍛金方法を使っています。私の作品には珍しく、磨き上がりとなっています。ご夫婦やお友達同士で、ぜひお使いください。

奥山峰石作・ぐい呑み桜

お問い合せ 奥山峰石作・ぐい呑み桜

サイズ

径58mm×高さ58mm 付目約90g

価格

お問い合わせください

コメント

このぐい呑みで、お友達とお酒を楽しんでください。

奥山峰石作・ぐい呑み梅

お問い合せ 奥山峰石作・ぐい呑み梅

サイズ

径65mm×高さ50mm 付目約84g

価格

お問い合わせください

コメント

このぐい呑みで、お友達とお酒を楽しんでください。

奥山峰石作・ぐい呑み紅白梅

お問い合せ 奥山峰石作・ぐい呑み紅白梅

サイズ

径59mm×高さ55mm 付目約80g

価格

お問い合わせください

コメント

このぐい呑みで、お友達とお酒を楽しんでください。

PAGE TOP

人間国宝奥山峰石監修作品

企画から作業工程、完成にいたるまで、私が監修してできあがった作品です。

奥山峰石監修・銀製湯沸かし縦筋

お問い合せ 奥山峰石監修・銀製湯沸かし縦筋

サイズ

お問い合わせください

価格

お問い合わせください

コメント

筋が均等であり真っ直ぐであること。

上下の筋は途中で止める、その方が大変だが品が良い、

持ち手と湯口、それを一直線になるよう、そうでないと重さが安定しない、

等々、指示をさせて頂きました。

奥山峰石監修・酒器セット

お問い合せ 奥山峰石監修・酒器セット

サイズ

酒入れ 幅155mm×高さ75mm×奥行77mm

ぐい呑み 径42mm×高さ40mm

価格

お問い合わせください

コメント

酒器の使い勝手まで私がアドバイスしました。一度手に持っていただくと、その使いやすさを実感していただくことができます。

奥山峰石監修・ビールコップ 2個組

お問い合せ 奥山峰石監修・ビールコップ 2個組

サイズ

径60mm×高さ100mm

価格

お問い合わせください

コメント

銀の伝熱性の高さを生かしました。冷えたビールを飲むときには、口元に冷たさが伝わり、さらにおいしく味わえます。

PAGE TOP

制作風景

奥山先生の作品製作風景は、こちらのページよりご覧になれます。

奥山先生の制作風景

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP