HOME  >  コラム  >  2019年のコラム  >  3月のコラム
記念品紹介

コラム 銀ちゃんの『銀が一番』 2019年03月29日

桜も開花し始め、春本番が近づき、高校野球に女子ゴルフも開幕、
間もなくプロ野球も始まり、1年の中で一番良い季節となりますが、
私は花粉症に悩まされ、キーボードを打ちながら鼻水が垂れてくるのを抑えるため、
ティッシュを詰めて耐えております。
あと1ヶ月の辛抱ですが花粉の無い沖縄に行きたーいなあ。飛行機苦手だけど・・・

そんな訳で外出も少なく、テレビ観戦したのがイチロー選手の引退試合と引退会見でした。
最初から最後までチャンネルを変えないで見続けたのは久しぶりでした。
ゲームが終わったのにお客さんが帰らず、終電大丈夫かなと思っていたら、
会見前にイチロー選手がファンの前で手を振っていた姿に感動しました。
そして会見ではプロフェッショナルという表現が相応しいと感じました。

自分が人より努力したとは思っていない。
少しずつ積み重ね、振り返るとこんなに成長できたと思えるプロ野球人生でしたと語りました。
やはりイチロー選手はストイックでスマートな超一流アスリートだと思いました。

私も以前あるお客様から、
「業界で唯一無二の存在を目指せ」と叱咤激励を受けたことがありました。
それから十数年が経ち、その時のことを覚えていること、そして励みにしてきたことを告げると、
俺も覚えているよ、だが少し伝えたかったことが違う、業界のナンバーワンになれ!
と言ったのだ、どうだ、なれたか!と返ってきました。

考えてみれば私も1つ1つの積み重ねだったと思います。
ある新規開拓先のお客様から突然連絡を頂戴し、
相談したいことがあるから一度時間をとってもらえますか?と木曜日に電話が入り、
あえて週明け早々にお時間を調整していただき、どんな内容か予め聞いて、
恐らく経験したことのない内容に思えたので、外注先の経験豊富な職人さんに尋ね、
過去に製作しましたと聞いたら、他県まで車を飛ばして、頭を下げて教えていただき、
そして現場と打ち合わせ、お客様から物を見せていただき
「ビンゴ」と心の中で叫び「大丈夫です、問題なく弊社で対応できます」
と自信をもってお答えする。

その積み重ねで出来るか否かの判断や対応が今までで一番早いと
おっしゃっていただける近場のお客様へ入社1年半の女子社員を帯同させ、
新製品開発における難しさ、記念品ができるまでの工程、
そして信頼関係を築くアプローチの掛け方など、
見て感じて会得してもらえたらと考え補佐してもらっております。

昨今は女性の方がしっかりしているし腹も座っておるので
私は女性営業職に付いては推進派の立場です。
またその社員さんはイラレも扱えるのでデータや図案も作成できるし、
現場の経験もあるので、お客様から可愛がってもらっております。

つまりイチローが申す「野球愛」と
私共の魅力のある新製品の開発も好きだからできるし、
楽しいから続けられるのかなと会見を見て感じました。

野球が好き=そこまで努力したから言える言葉なのだと実感しました。
今回はイチロー選手の会見で感じたことを記してみました。

過去のコラム

 

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP