HOME  >  記念品紹介  >  各種記念品  >  純金製 盃
記念品紹介

純金製 盃

純金製 盃 全体図
○サイズ

口径・付目

5寸(約150mm)・440g
4.5寸(約135mm)・310g
4寸(約120mm)・240g
3.5寸(約105mm)・170g
3寸(約90mm)・115g
2.5寸(約75mm)・80g
2寸(約60mm)・45g
K18はこちら

○価格

国際相場により変動しますので、

お気軽にお問い合わせください。

○ケース

桐箱

○コメント

純金製の盃です。
金婚式や退官日、定年退職、
その他名誉ある賞の記念品など、
古くから最高級の贈り物として
用いられております。
甲台の底面には『K24』の
刻印をお打ち致します。
ご希望でしたら造幣局の
検定を申請し、造幣局にて刻印を
受けることができますが、
別途ご費用を頂戴致します。


純金製 盃 背面

背面の刻印

横から見た図

真横から見たシルエット

桐箱にお入れ致します

桐箱にお入れ致します。


記念品をこんな方に

桐箱

昔から盃は祝いの席や神事に用いられております。
特に、金婚式や長寿祝い
(還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿・紀寿)
などの50年以上の長年に渡る感謝の気持ちを表すのに、
純金製品は最もふさわしいと思います。
配偶者様やご両親へ、最高の記念品を、
職人が一つ一つ心を込めておつくり致します。


世界でたったひとつの記念品に

盃にはメッセージやお名前・日付などを刻むことが出来ます。
文字を刻むことで、よりいっそう特別な記念品になることと思います。
まずはお気軽にお問い合わせください。

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP