HOME > 銀製品のメンテナンス>銀製品の溶接修理
銀製品のメンテナンス

銀製品の溶接修理

当社では記念品などに最適な銀製品の製作、販売の他に、傷ついた銀製品の修理もおこなっています。当社がおこなう溶接修理についてご紹介します。

           修理をご依頼のお客様へのお願い

修理のお問い合わせ、お見積もりに関しまして、必ずご依頼品のお写真を

添付の上、下記アドレスにメール頂きます様、お願い申し上げます

info@gin-kinenhin.co.jp

お電話のみでのお見積もり、お問い合わせは、判断が致しかねます

ので、一切お断りをさせて頂きます。

銀製品の溶接修理について

銀製品の溶接修理についていつまでもそばに置いておきたい銀食器や記念のカップ。しかし、ふとした弾みでカップなどの取っ手が取れてしまうことも…。そのような場合、溶接修理でもとの姿に戻すことができます。

修理可能な銀製品

銀製の食器やカップ、トロフィーなどが修理可能です。
金や銅、真鍮などの製品も状態によっては修理できますので、まずはご相談ください。

銀製品の溶接修理方法

銀製品の溶接修理方法取れかかったカップの取っ手などを、一度完全に落としてから溶接し直します。その際、溶接部分が少し変色しますので、磨き直しもおこないます。ご希望によりメッキ直しもいたします。
取っ手が取れて使えなくなったとお悩みの方は、ぜひ当社までご連絡ください。

銀製品溶接修理事例

取っ手が取れてしまった銀製のカップ。

取っ手が取れてしまった銀製のカップ。

取っ手が付き、美しい光沢も戻りました。

取っ手が付き、美しい光沢も戻りました。

作業風景

作業写真1
 
作業写真2
作業写真3
作業写真4

写真の場合は、完全に取れてますが、取れかけの場合も一度完全に取り外します。
その後、さまざまな角度から溶接をおこない、溶接後、研磨剤にて磨きます。

           修理をご依頼のお客様へのお願い

修理のお問い合わせ、お見積もりに関しまして、必ずご依頼品のお写真を

添付の上、下記アドレスにメール頂きます様、お願い申し上げます。

info@gin-kinenhin.co.jp

お電話のみでのお見積もり、お問い合わせは、判断が致しかねます

ので、一切お断りをさせて頂きます。

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP


TEL : 03-3873-0861 FAX : 03-3871-0198/お問い合わせフォーム 内藤銀器製作所 HOME よくあるご質問 特商法に基づく表記 会社案内 サイトマップ お問い合わせフォーム