HOME > コラム
コラム

コラム 銀ちゃんの『銀が一番』

今年は例年に比べ寒く感じられますがお変わりありませんか?私は自身の体調は崩して

おりませんが、お正月から慌しい日々でした。

それは私の叔父、弊社では元専務取締役であり内藤銀器製作所の創業当時から支えて

いただいた方が他界されたことです。私の人生で最も影響を受けた人です。


釣りを始めたのも専務が業界の集まりでハゼの天ぷら船に乗せていただいたのがきっかけで、

当時大人になると自由時間が減少するから学生時代が人生で一番良い時期だと考えて

おりましたが、大人ってこんな遊びができるのかと思ったことを今でも思い出されます。

入社してからも、生意気で正直給料分も稼げず、それでも愚痴っておった私を辛抱強く

指導していただき、ここまで育ててもらったこと、そのご恩を少しずつ返せていけたらと考えていた

矢先のことで、恥ずかしながら涙腺が緩んできたこの頃、人目もはばからず号泣する毎日でした。

この人に認めてもらいたい、また褒められたいと遮二無二に突っ走ってきた気が致します。

体調不良の知らせが入ってからの数週間、沢山話す機会ができました。その中で、俺は全力で

お前を仕込んだけど、もうお前に教えることは何もないなと呟かれました。

私は叔父に教わった感謝の気持ちを、若い方に伝えていきたいと考えております。

 

現在、冬季オリンピックが開催されております。メダリストのコメント素晴らしくありませんか?

彼らはマスコミ対応としてQ&Aは学習しておるとは思いますが、言わされたのではなく本心で

サポートしていただいた方々に感謝しているのだと思います。

彼らは極限状態まで追い込んだからメダルを手にできたのです。

我々はそれまでのストーリーを見聞きして感動を覚えるのです。個人的に特に感動した小平選手、

彼女を支えたご家族や恩師に仲間、それに太っ腹の地元の病院の理事長さん、それを

「私は人に恵まれた人生を歩んでこられました」とコメントされました。私はこう思います。

人間関係は映し鏡だと、自分の想いが相手に伝わり、それが返ってくる、つまり小平選手の

人間性によるものだと。

これらの表彰において記念品は必要不可欠です。こんな場面のお手伝いができることを誇りに

思います。思い出深い記念品を製作させていただきますし、また銀製品であればリフォームや

修理も対応させていただきます。記念品には人の想いがこめられております。

今年に入って仕事より優先する出来事が発生し、周りに迷惑を掛けてしまいました。

それでも思う存分悔いが残らないようにとサポートしてくれたスタッフには感謝致します。

これからその分を補う働きをと力んでおります。

どうか今後もお力添えを頂戴できますでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

  

                                                      過去のコラム

 

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP


TEL : 03-3873-0861 FAX : 03-3871-0198/お問い合わせフォーム 内藤銀器製作所 HOME よくあるご質問 特商法に基づく表記 会社案内 サイトマップ お問い合わせフォーム